1.胴体と尾の筋を切り離す。

家庭用包丁で構いませんので、えびの尾の付け根に包丁を入れ、グルグルと回しながら、胴体との筋を切る。

2.胴体と尾を離す。

胴体と尾を掴み、捻りながら取り外す。

3.尾の裏側の殻を切る。

尾を裏返し、殻の柔らかい部分に包丁を入れ、固い部分と切り離す。

4.いよいよ殻外し。

手で殻を取り外します。

5.身と殻が分かれました。

身が取れましたので、包丁で適当な大きさに切って下さい。

6.綺麗に盛りつける。

外した殻の上に綺麗に盛りつけて下さい。なお、伊勢えびの頭の部分にあるミソも美味しいので、そのまま食べていただくか、味噌汁に殻ごと入れても良いダシが出ます。


1.綺麗に掃除する。

美味しくいただくためには、まずはタワシなどを利用し、綺麗に掃除することが大事です。

2.身と殻を取り外すには。

殻との境目に洋食ナイフを差込み、切り離すことができますが、貝のぬめり等もございますので、怪我をしないように気をつけて下さい。

3.しゃもじでも。

洋食ナイフの代わりに「しゃもじ」でも代用できます。

取り外した身は、包丁で薄めに切り盛りつけて下さい。栄養豊かなワタは、そのまま召し上がるか、湯引き、焼くなどして美味しくいただけます。


1.包丁を間に入れる

怪我に気をつけて、殻の間に包丁を入れていきます。

1.貝を開く。

うまく包丁が入りましたら、二つに開きます。少し御醤油などをたらして焼いていただくと美味しく召し上がれます。

Copyright (c) 2004 Marukami All rights reserved.